ロシア

出場国概要

Getty Images

監督 スタニスラフ チェルチェソフ FIFAランキング 70位

EURO16で1勝も挙げられずに大会を去った後、スタニスラフ・チェルチェソフ監督は5バックを敷く守備的な戦術を採用し、ディフェンス面の改革を重点に置いてチーム作りを進めた。昨夏に行われたコンフェデレーションズカップではグループステージで姿を消したものの、昨年11月の親善試合ではアルゼンチン、スペインといった本大会で優勝を狙う強豪に対して接戦を演じるなど、着実に力を付けてきている印象だ。注目選手はイゴール・アキンフェエフ。ロシアのメンバーは国内組が中心であり、世代交代に伴ってガラリと若返った選手たちはトップレベルでの国際経験が少ない。そのため、経験豊富な守護神が果たす役割の大きさは計り知れないだろう。アレクサンドル・ゴロビンをはじめブレイクが期待される選手は多く、自国開催というプレッシャーをはねのけて若い選手たちが躍動できるか。まずはグループステージ突破を現実的な目標として大会に臨みたい。

基本フォーメーション

4141

日程一覧

グループリーグ

ワールドカップ成績

過去のワールドカップ
2014年 グループリーグ敗退
2002年 グループリーグ敗退
1994年 グループリーグ敗退
1990年 グループリーグ敗退
1986年 ベスト16
1982年 ベスト16
1970年 ベスト8
1966年 4位
1962年 ベスト8
1958年 ベスト8

  • 過去の大会で現行ルールと違う方式は、現行ルールに則した内容で表示しています。詳しくはこちら

新着ニュース

新着コラム

6月24日(日)の試合

グループH

試合終了

ピックアップ プレーヤー

おすすめ情報

新着コラム