ラウンド
準決勝
試合開始日時
ルジニキスタジアム
クロアチア
2

0

-

1

1

1

-

0

0

-

0

1

-

0

イングランド
試合終了
イバン ペリシッチ
後半23分
マリオ マンジュキッチ
延長後半4分
前半5分
キーラン トリッピアー

戦評

120分の死闘を制したクロアチアだが、スタートは決して良いものではなかった。開始から間もない前半5分に鮮やかなFKを決められ、先制点を献上。全く予期せぬ展開にペースをつかめない。さらにはデレ・アリを自由に動かせてしまい、何度もあわやといったチャンスを作られる。前半は明らかに劣勢に立たされ、それを覆すだけの力は残っていないようにさえ見えた。

それでも、後半は別のチームのように躍動。アンテ・レビッチとイバン・ペリシッチがサイドを入れ替え、アーリークロスを多用する。ハイプレスを選択し、イングランドの守備陣に何度もミスを起こさせてじわりじわりと流れを引き寄せていくと、ペリシッチが同点弾をゲット。チームの勢いは加速する。

なんと3試合連続となる延長戦を迎えたクロアチアだったが、彼らの体力は底なしなのだろうか。変わらずに相手にプレッシャーを掛け続け、息を吹き返す暇を与えない。すると、ついに待望の瞬間を勝ち得ることになる。汗をかいて戦い続けたマリオ・マンジュキッチが値千金の逆転ゴールを奪取。終盤のパワープレーも全てはね返した今大会のダークホースが、攻守に粘り強さを発揮して初の決勝への切符を手にした。

試合経過

クロアチア イングランド
前半
5
キーラン トリッピアー
後半
マリオ マンジュキッチ
3
9
カイル ウォーカー
イバン ペリシッチ
23
29
ラヒーム スターリング
マーカス ラッシュフォード
延長前半
0
アシュリー ヤング
ダニー ローズ
イバン ストリニッチ
ヨシプ ピバリッチ
5
アンテ レビッチ
6
7
ジョーダン ヘンダーソン
エリック ダイアー
アンテ レビッチ
アンドレイ クラマリッチ
11
延長後半
マリオ マンジュキッチ
4
7
カイル ウォーカー
ジェイミー バーディー
マリオ マンジュキッチ
ベドラン チョルルカ
10
ルカ モドリッチ
ミラン バデリ
14

マンオブザマッチ

4

イバン ペリシッチ

クロアチア

フォーメーション

クロアチア
4-1-4-1
スタメン
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
後半0分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
後半29分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長前半0分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長前半5分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長前半7分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長前半11分
3-3-2-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長後半7分
4-3-1-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長後半10分
4-3-1-2
イングランド
クロアチア
4-1-4-1
延長後半14分
4-3-1-2
イングランド

スターティングメンバー

クロアチア
Pos 選手名
GK 23 ダニエル スバシッチ
DF 2 シメ ブルサリコ
3 イバン ストリニッチ 延長前半5分
6 デヤン ロブレン
21 ドマゴイ ビダ
MF 7 イバン ラキティッチ
10 ルカ モドリッチ 延長後半14分
11 マルセロ ブロゾビッチ
FW 4 イバン ペリシッチ
17 マリオ マンジュキッチ 延長後半10分
18 アンテ レビッチ 延長前半11分
イングランド
Pos 選手名
GK 1 ジョーダン ピックフォード
DF 2 カイル ウォーカー 延長後半7分
5 ジョン ストーンズ
6 ハリー マグワイア
12 キーラン トリッピアー
18 アシュリー ヤング 延長前半0分
MF 7 ジェシー リンガード
8 ジョーダン ヘンダーソン 延長前半7分
20 デレ アリ
FW 9 ハリー ケイン
10 ラヒーム スターリング 後半29分

ベンチ入り選手

クロアチア
Pos 選手名
GK 1 ドミニク リバコビッチ
12 ロブレ カリニッチ
DF 5 ベドラン チョルルカ 延長後半10分
13 ティン イェドバイ
15 ドゥイェ チャレタツァル
22 ヨシプ ピバリッチ 延長前半5分
MF 8 マテオ コバチッチ
14 フィリップ ブラダリッチ
19 ミラン バデリ 延長後半14分
FW 9 アンドレイ クラマリッチ 延長前半11分
20 マルコ ピアツァ
イングランド
Pos 選手名
GK 13 ジャック バトランド
23 ニック ポープ
DF 3 ダニー ローズ 延長前半0分
15 ガリー ケイヒル
16 フィル ジョーンズ
17 ファビアン デルフ
22 トレント アレクサンダーアーノルド
MF 4 エリック ダイアー 延長前半7分
21 ルベン ロフタスチーク
FW 11 ジェイミー バーディー 延長後半7分
14 ダニー ウェルベック
19 マーカス ラッシュフォード 後半29分

出場停止選手

クロアチア
Pos 選手名

出場停止選手はいません。

イングランド
Pos 選手名

出場停止選手はいません。

見どころ

体力が尽きるまで走り続けた大黒柱に、足を引きずりながらも鬼の形相でゴール前に立ちはだかった守護神。ラウンド16、準々決勝と続けてPK戦にもつれ込んだ死闘を制し、98年以来の準決勝にコマを進めたクロアチアだが、代償として多くの主力選手が体力的に消耗している。中3日で迎える準決勝までに、どれだけリフレッシュして臨めるかが重要になるだろう。チームが苦しい局面を迎えた時に頼れるのはやはり、キャプテンと10番の重責を背負うルカ・モドリッチだ。今大会の主役となった「魔術師」が、その足で新たな歴史を切り開く。

対するは、「サッカーの母国」イングランド。ガレス・サウスゲイト監督の下、攻撃的なスタイルへの転換と世代交代という大きな挑戦を行いながら、着実に階段を上ってきた。得点王へひた走るハリー・ケインと、スウェーデン戦で待望の初ゴールを挙げたデレ・アリのホットラインが開通すれば、ここまでセットプレー頼みだった攻撃にさらなるバリエーションが加わる。クロアチアは相手の長所を消すことにおいて一日の長があるが、それをも打ち破る勢いを見せられるか。実に52年ぶりとなる決勝の舞台に向け、「若獅子」たちの鼻息は荒い。

過去の対戦成績

クロアチア勝利数 引分数 イングランド勝利数
3 1 4

直近の対戦スコア

日付 ホーム 試合結果 アウェイ 大会名
イングランド 5 - 1 クロアチア ワールドカップ ヨーロッパ予選

開催情報

スタジアム名ルジニキスタジアム
観客数78,011人
天候/気温/湿度曇り/21℃/64%
主審ジュネイト チャキル

7月20日(金)の試合

試合はありません。

ピックアップ プレーヤー

おすすめ情報

新着コラム