グループ
グループB
試合開始日時
フィシュトスタジアム
ポルトガル
3

2

-

1

3

1

-

2

スペイン
試合終了
クリスティアーノ ロナウド
前半4分
クリスティアーノ ロナウド
前半44分
クリスティアーノ ロナウド
後半43分
前半24分
ジエゴ コスタ
後半10分
ジエゴ コスタ
後半13分
ナチョ フェルナンデス

戦評

グループステージ屈指の好カードは、今大会の主役になるかもしれない男のワンマンショーとなった。

その男とはいわずと知れたクリスティアーノ・ロナウド。ポルトガルのキャプテンを務める世界的な名手は、開始早々にPKを獲得し、自ら沈めて先制。同点に追い付かれるも、前半終了間際に鋭いミドルを放ち、ダビド・デヘアの手をはじいて勝ち越しに成功した。

だが、後半10分、同13分と立て続けにネットを揺らされ、ポルトガルは苦しい立場に追い込まれる。終盤に差し掛かると、スペインの巧みなパスワークを前に、ボールを奪えずにフラストレーションをためる場面が続いてしまう。それでも、そんな劣勢をひと振りで振り払ったのは、やはり背番号7だ。絶好の位置で自らが倒されて得たFKを蹴ると、完璧な軌道を描いてネットを揺らし、3-3で終了。

自身で得たセットプレーから2点、ミドルで沈めた1点と、3得点全てを自力で生み出したロナウド。結果こそドローとはいえ、「世界最高の選手」の1人として別格の存在感を見せつけた90分間となった。

試合経過

ポルトガル スペイン
前半
PKクリスティアーノ ロナウド
4
17
セルヒオ ブスケツ
24
ジエゴ コスタ
ブルーノ フェルナンデス
28
クリスティアーノ ロナウド
44
後半
10
ジエゴ コスタ
13
ナチョ フェルナンデス
ブルーノ フェルナンデス
ジョアン マリオ
23
ベルナルド シウバ
リカルド クアレスマ
24
25
アンドレス イニエスタ
チアゴ アルカンタラ
32
ジエゴ コスタ
イアゴ アスパス
ゴンサロ ゲデス
アンドレ シウバ
35
41
ダビド シルバ
ルーカス バスケス
クリスティアーノ ロナウド
43

マンオブザマッチ

7

フォーメーション

ポルトガル
4-4-2
スタメン
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-4-2
後半23分
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-2-3-1
後半24分
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-2-3-1
後半25分
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-2-3-1
後半32分
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-4-2
後半35分
4-1-2-3
スペイン
ポルトガル
4-4-2
後半41分
4-1-2-3
スペイン

スターティングメンバー

ポルトガル
Pos 選手名
GK 1 ルイ パトリシオ
DF 3 ペペ
5 ラファエル ゲレイロ
6 ジョゼ フォンテ
21 セドリック
MF 8 ジョアン モウチーニョ
11 ベルナルド シウバ 後半24分
14 ウィリアム カルバーリョ
16 ブルーノ フェルナンデス 後半23分
FW 7 クリスティアーノ ロナウド
17 ゴンサロ ゲデス 後半35分
スペイン
Pos 選手名
GK 1 ダビド デヘア
DF 3 ジェラール ピケ
4 ナチョ フェルナンデス
15 セルヒオ ラモス
18 ジョルディ アルバ
MF 5 セルヒオ ブスケツ
6 アンドレス イニエスタ 後半25分
8 コケ
22 イスコ
FW 19 ジエゴ コスタ 後半32分
21 ダビド シルバ 後半41分

ベンチ入り選手

ポルトガル
Pos 選手名
GK 12 アントニー ロペス
22 ベト
DF 2 ブルーノ アウベス
13 ルーベン ディアス
15 リカルド
19 マリオ ルイ
MF 4 マヌエル フェルナンデス
10 ジョアン マリオ 後半23分
23 アドリエン シウバ
FW 9 アンドレ シウバ 後半35分
18 ジェルソン マルティンス
20 リカルド クアレスマ 後半24分
スペイン
Pos 選手名
GK 13 ケパ アリサバラガ
23 ペペ レイナ
DF 2 ダニ カルバハル
12 アルバロ オドリオソラ
14 セサル アスピリクエタ
16 ナチョ モンレアル
MF 7 サウール ニゲス
10 チアゴ アルカンタラ 後半25分
20 マルコ アセンシオ
FW 9 ロドリゴ
11 ルーカス バスケス 後半41分
17 イアゴ アスパス 後半32分

出場停止選手

ポルトガル
Pos 選手名

出場停止選手はいません。

スペイン
Pos 選手名

出場停止選手はいません。

見どころ

昨年12月の抽選会直後から大きな関心を集めるグループステージ屈指の好カード。南欧で隣り合う両雄の充実ぶりは目を細めるものがあり、名勝負の誕生に心躍らせるサポーターは多いはず。フレン・ロペテギ監督の衝撃的な電撃解任もあり、この一戦への注目度はいやが上にも高まるばかりだ。

争点を挙げればキリがないが、目玉はクリスティアーノ・ロナウドとセルヒオ・ラモスのマッチアップだろう。UEFAチャンピオンズリーグで3連覇を達成したレアル・マドリーの攻守の要として双璧をなす両者の「やり合い」が、試合のすう勢を左右するといっても過言ではない。互いの長短を知り尽くしたうえで、どのような対策、勝負を講じるのか。さらに、ポルトガルはロナウドとパートナーを組むアンドレ・シウバ、スペインはキーパスの遮断役を担うセルヒオ・ブスケツがキープレーヤーとなるだろう。

「イベリアダービー」の対戦成績はスペインが16勝、ポルトガルが6勝と意外にも大きな差が開いている。しかし、実に6年ぶりの顔合わせとなる上、ポルトガルは欧州王者の称号と確かな自信を手にしてロシアへ乗り込んでくる。プライドを懸けた激闘が繰り広げられるのは間違いない。

過去の対戦成績

ポルトガル勝利数 引分数 スペイン勝利数
6 13 16

直近の対戦スコア

日付 ホーム 試合結果 アウェイ 大会名
ポルトガル 2 0 - 0 4 スペイン ヨーロッパ選手権

開催情報

スタジアム名フィシュトスタジアム
観客数43,866人
天候/気温/湿度晴れ時々曇り/24℃/74%
主審ジャンルカ ロッキ

6月24日(日)の試合

グループH

試合終了

ピックアップ プレーヤー

おすすめ情報

新着コラム