国際親善試合
国際親善試合
試合開始日時
チボリ シュタディオン
日本
4

0

-

1

2

4

-

1

パラグアイ
試合終了
乾 貴士
後半6分
乾 貴士
後半18分
オウンゴール
後半32分
香川 真司
後半46分
前半32分
オスカル ロメロ
後半45分
リチャル オルティス

戦評

スイス戦から10人を入れ替えたこともあり、「控え組」での一戦かと思われたパラグアイ戦。だが、序盤から岡崎慎司と香川真司による前線からのプレスや、中盤の柴崎岳が前線へ幾度も精度の高いパスを供給するなど、過去2試合と比べて攻守において格段に連動した動きを見せ、日本がペースを握って進む。

前半をビハインドで終えるも、後半の開始早々に乾貴士と香川の連係から乾が同点弾を奪取。すると、パラグアイの守備の軽さも相まってこの後は日本の時間が続く。中でも乾と香川のコンビはさすがの好連係や軽やかなタッチから数多くの好機を作る。シュートミスも多かったが、それ以上のチャンスを生み出して計4得点が決まり、快勝を収めた。

この試合で躍動した選手たちが、1週間後のコロンビア戦で何人起用されるのか。閉塞感が漂っていた「西野ジャパン」にとって、ワールドカップ前のラストマッチで初勝利を収めた90分間は、本番に向けて希望の光となるだろうか。

試合経過

日本 パラグアイ
前半
12
フスト ビジャール
アルフレド アギラル
32
オスカル ロメロ
後半
遠藤 航
酒井 宏樹
東口 順昭
中村 航輔
0
乾 貴士
6
11
グスタボ ゴメス
ブルーノ バルデス
14
アントニオ バレイロ
アレハンドロ ロメロ
アンヘル カルドソ
アンヘル ロメロ
乾 貴士
武藤 嘉紀
大迫 勇也
18
20
オスカル ロメロ
アルナルド サナブリア
岡崎 慎司
原口 元気
29
オウンゴール
32
リチャル サンチェス
ウィリアム メンディエタ
乾 貴士
宇佐美 貴史
34
45
リチャル オルティス
香川 真司
46

フォーメーション

日本
4-2-3-1
スタメン
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
前半12分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半0分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半11分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半14分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-4-2
後半19分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-4-2
後半20分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半29分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半32分
4-1-2-3
パラグアイ
日本
4-2-3-1
後半34分
4-1-2-3
パラグアイ

スターティングメンバー

日本
Pos 選手名
GK 12 東口 順昭 後半0分
DF 2 植田 直通
3 昌子 源
6 遠藤 航 後半0分
21 酒井 高徳
MF 7 柴崎 岳
10 香川 真司
14 乾 貴士 後半34分
16 山口 蛍
FW 9 岡崎 慎司 後半29分
13 武藤 嘉紀 後半18分
パラグアイ
Pos 選手名
GK 1 フスト ビジャール 前半12分
DF 2 アラン ベニテス
3 グスタボ ゴメス 後半11分
4 ファビアン バルブエナ
13 フニオール アロンソ
MF 6 リチャル オルティス
8 アンヘル カルドソ 後半14分
15 リチャル サンチェス 後半32分
21 オスカル ロメロ 後半20分
FW 9 フェデリコ サンタンデール
20 アントニオ バレイロ 後半14分

ベンチ入り選手

日本
Pos 選手名
GK 1 川島 永嗣
23 中村 航輔 後半0分
DF 5 長友 佑都
19 酒井 宏樹 後半0分
20 槙野 智章
22 吉田 麻也
MF 4 本田 圭佑
8 原口 元気 後半29分
11 宇佐美 貴史 後半34分
17 長谷部 誠
18 大島 僚太
FW 15 大迫 勇也 後半18分
パラグアイ
Pos 選手名
GK 12 アルフレド アギラル 前半12分
22 ヘラルド オルティス
DF 5 ブルーノ バルデス 後半11分
14 フアン マルセロ エスコバル
MF 10 ウィリアム メンディエタ 後半32分
16 ロベルト ピリス
17 アレハンドロ ロメロ 後半14分
FW 7 アルナルド サナブリア 後半20分
11 アンヘル ロメロ 後半14分

見どころ

1週間後にコロンビアとの開幕戦を控える日本にとって最後のテストマッチの相手はパラグアイ。ワールドカップには出場しないパラグアイだが、南米予選ではコロンビアやアルゼンチンから勝点3を奪うなど実力は確か。ハードな守備とカウンターを武器とするチームに対して、どのようなゲームを見せられるか。

直近のスイス戦は0-2で敗戦。守備についてはガーナ戦から少々の改善が見られたが、攻撃では決定機といえるチャンスはほとんどなし。国内組だけで臨んだE-1選手権を除けば日本は7試合勝利がなく、「西野体制」では無得点と本大会へ向けて課題は山積みだ。閉塞感が漂う攻撃陣において、期待が集まるのはケガからの復帰を果たした乾貴士。他の誰にもない個性を持つ乾の仕掛けは、停滞する攻撃の起爆剤となり得る。システムを含めて先発メンバーは読みづらいが、スタートから使いたい選手の1人だろう。

本番へ向けたコンディション調整のためにも、ここまで出番の少なかった選手にもチャンスが与えられるはず。テストマッチとしての意味合いが強い試合になる可能性もあるが、チームの自信や勢いを取り戻すためにも、必要となるのは「勝利」だ。

過去の対戦成績

日本勝利数 引分数 パラグアイ勝利数
2 4 2

直近の対戦スコア

日付 ホーム 試合結果 アウェイ 大会名
日本 1 - 0 パラグアイ 国際親善試合
パラグアイ 5 0 - 0 3 日本 ワールドカップ
日本 0 - 0 パラグアイ キリンカップ

開催情報

スタジアム名チボリ シュタディオン
観客数1,202人
天候/気温/湿度曇り/28.6℃/56%
主審オリバー ドラハタ

6月24日(日)の試合

グループH

試合終了

ピックアップ プレーヤー

おすすめ情報

新着コラム