「大迫を抑えることができなかった」
W杯 セネガル代表シセ監督会見

スポーツナビ

試合後の会見に臨んだシセ監督は大迫のプレーをたたえた

試合後の会見に臨んだシセ監督は大迫のプレーをたたえた【Getty Images】

 サッカー日本代表は現地時間24日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ第2戦でセネガル代表と対戦し、2−2で引き分けた。


 日本は前半11分にサディオ・マネにゴールを許したが、34分に乾貴士のゴールで追いつき1−1で試合を折り返す。後半26分にはムサ・ワゲに決められ再びリードされたが、33分に途中出場の本田圭佑が3大会連続となるゴールを決めて同点とした。


 試合後、セネガルのアリュー・シセ監督は「日本の方がいいプレーをしたのではないか。日本は技術的に高く、良いプレーをして試合をコントロールした」と語り、日本のプレーをたたえた。中でも大迫勇也については「われわれを混乱させていた」「なかなか抑えることができなかった」と、名前を挙げてプレーを評価した。


 セネガルは勝ち点を4とし、最終節はサマラでコロンビアと対戦する。

日本が試合をコントロールした

シセ監督は「技術的に高く、良いプレーをして試合をコントロールした」と日本を評価

シセ監督は「技術的に高く、良いプレーをして試合をコントロールした」と日本を評価【Getty Images】

──勝ちたかったのに勝てなかった。残念に思うか?(海外メディア)


 もちろん残念だ。今日のセネガルのプレーは最高ではなかった。ポーランド戦ほどではなかったが、2度リードした。2点を許して、私はがっかりしている。これからコロンビア戦に向けて準備しなければならない。


──リードしても追いつかれる展開になったが、日本のプレーの印象は?


 予想通り非常に技術のあるチームで、パスの質も良かったと思う。序盤、たくさんのプレッシャーをかけて快適にプレーできないようにした。最初は技術のエラーもあって得点できたが、その後、同点にされてしまった。後半も同じことが起こった。われわれがインパクトを与えて前に進もうとしたが、技術的に質が高く、5メートルのスペースを与えると、われわれにとって危険な状況だった。セネガルらしいプレーができなかった。


──ポーランド戦とは何が違ったのか? 集中力が足りなかったのか?(セネガルメディア)


 72時間(ポーランド戦が終わってから)の間で何が起こったのか、説明がつかない。これほどの大会だから、世界的な選手がそろっている。2ゴールを許したのは残念だった。いいプレーができなかった。日本の方がいいプレーをしたのではないか。いいプレーをしたから勝てるというわけではない。日本は技術的に高く、良いプレーをして試合をコントロールした。われわれはリードしたが、もしかしたら集中力が欠けていたかもしれない。


──マネにいつものスピードがなかった理由は? コンディションに問題があったのか?(後藤健生/フリーランス)


 そんなことはない。マネのような選手は、もちろん期待を背負っているわけで、常にスポットライトを浴びている。いいプレーができなかったかもしれないが、今日はポーランド戦より良かったと思う。コロンビア戦では、もっといいプレーができると思う。

フィジカルの差は感じられなかった

シセ監督は大迫がいたからクリバリ(右)は「いいプレーができなかった」という

シセ監督は大迫がいたからクリバリ(右)は「いいプレーができなかった」という【Getty Images】

──日本はテクニックが優れているということだが、フィジカルや体格で上回る選手にもきちんと対応できるようになったと思う。セネガルにとっては驚きだったか?


 それほど問題だと思わない。大きくて強くても、サッカーではそれほどの意味はない。今日の試合を見ても、スピードとシュートでは日本がうまくやったと思うし、フィジカルの差は感じられなかった。コミットメントは五分五分で、両方共エラーはあったが、それほど肉体的に差はなかった。14番(乾)も15番(大迫勇也)も、オンターゲット(枠内)でかなりシュートしていたし、われわれを混乱させていた。15番とカリドゥ・クリバリは、それほどフィジカル面では変わらなかったと思う。


──コロンビア戦では中盤が強かったと思う。たとえばサネやクリバリについては、もう少し補完性が必要ではないか?(フランスメディア)


 クリバリはいい選手なので、補完し合う必要はないと思う。今日、彼がいいプレーができなかったのは、15番がいたからだ。これがわれわれのディフェンスに大きなプレッシャーをかけていた。なかなか抑えることができなかった。クリバリもサネも非常に質の高い選手だ。今日は全力を尽くせなかった。自分たちのプレーができなかったと思っている。


──チームのパフォーマンスを批判しているが、次の試合に向けてどう改善するのか?


 やはりインパクトを改善すべきだ。もっとアグレッシブに。非常に試合運びが速いので、集中力が必要だ。前半は速すぎたかもしれない。ボールを支配したが、今回はエラーが多かったと思う。


──次はサマラでの試合だが、万全の準備は?


 もちろん今日は負けたわけではない。当然、ノックアウトステージには行きたい。1戦目は勝ち、2戦目は引き分け。やはり自信を持つことが大事だ。コロンビアはクオリティーの高い相手だ。日本はポーランドと対戦する。われわれは今日の努力を2倍にして臨まなければならない。


※質問者に関しては、掲載許諾の確認が取れた方のみ明記しています。記名のない方は確認が取れていない方ですので、拒否されている訳ではありません。

関連記事

7月21日(土)の試合

試合はありません。

ピックアップ プレーヤー

おすすめ情報

新着コラム